funeral

供養は大事

価格は色々

先祖を供養する為の仏壇が、自宅にあるという家庭は多くあるでしょう。一口に仏壇と言っても、その価格は種類によって大きく異なります。 たとえば金仏壇と呼ばれる、金箔や金粉で装飾を施したものは、平均すると100万円前後。 黒檀や紫檀などの木材で作られた、どっしりと重厚な唐木仏壇は、80万円前後となっています。 注目したいのは、昨今の住宅事情を踏まえて作られるようになった、上置き仏壇と呼ばれるタイプのものです。 棚や家具の上など、狭いスペースにも置くことができ、デザインもモダンなものが多くあります。 価格も10万円以下の手ごろなものが多く、現代の暮らしに則した仏壇といえます。 最近ではお鈴などの仏具にもデザイン性の高いものが登場してきており、現代人にとってもより身近な存在となりつつあります。

ネットでも買える

種類も価格もさまざまな仏壇ですが、自分の家と思いに合ったものを選ぶことがいちばんです。 一生ものの買い物ですから、できれば何軒か実際のお店を見てまわり、店員さんに気になることを相談してみるとよいでしょう。 または、事前にネットで検索してみることで、だいたいのイメージがつかめるはずです。 近頃ではネットでの販売も多く行われており、楽天市場やAmazon.co.jpなどでも本格的な仏壇を買うことができます。 ネットのすぐれたところは、なんといっても、価格やデザインから絞り込み、一覧できるところです。 洋風なものや和モダンを取り入れたもの、省スペースに特化したものまで、近頃では本当に多種多様な仏壇が作られるようになりました。 購入する時期なども人それぞれでよいのですから、焦って選ぼうとせず、じっくりと向き合うことが肝要ですね。