funeral

複数の業者で比較

実際にかかる費用の相場

遺品整理の費用は、遺品の量と住居の間取りやタイプによって決まります。引っ越し費用と同じように考えると、初めて利用するという方でもわかりやすいでしょう。家具や家電製品をはじめ、住居内の遺品の量が多いほど、作業員も必要ですし、運搬車両も大きくなります。また、住居が広いほどその分作業する箇所が多く、エレベータの有無が費用に関係することもあります。そのため、平均的な費用を述べるのが難しいところもありますが、作業員2名での作業費用の目安は30000円、1DKタイプの住居で遺品の運搬費用が60000円が目安と言われています。

参入した兼業業者

遺品整理というサービスが注目を集めた当初は、便利屋・なんでも屋といった風潮が強かったものですが、最近ではひとつのサービス業として成立しています。遺品の取扱いや遺品整理に関する法律知識を備えた人が取得できる遺品整理士という認定資格もあります。こうした認定資格を持つ専門性の高いスタッフは、特に、遺品整理を専業的に行う業者に多く見られ、遺族にも配慮したサービスを行うところも増えているのが現状です。一方で、遺品整理を請け負う業者がこれほどまでに増えたのには他業界から多くの業者が参入したことがきっかけです。こうした業者は兼業業者ともいわれ、たとえば、引っ越し業者・不用品回収業者・リサイクルショップを運営する企業など多くの業者が行っています。